企業事例

フローレンスの再雇用制度が順調な理由「退職しても、根底の価値観は一緒」

2018年に退職者の再雇用制度「サーモンチケット」を導入した、認定NPO法人フローレンス。直近の1年間で5〜6名から制度の利用があり、3人が再入社に至ったといいます。退職者の再雇用制度を用意しても、なかなか使われないという課題を抱える企業も多い中、なぜフローレンス...

【6/22(火)12時】低コストでマッチング精度の高い採用を実現するには?「リファラル採用」と「再雇用」を成功に導くポイント

費用や工数が削減でき、かつマッチングの精度が高い採用手法として、リファラル採用や再雇用に関する制度や施策を導入する企業も増えました。ただ、リファラル採用も再雇用も、制度を用意するだけでは不十分。社内外への認知度がなく、機能していないケースは少なくありませ...

企業事例

北九州の不動産企業・大英産業がアルムナイネットワークを開始「理念の実現には退職者とのつながりが必要」

福岡県北九州市の総合不動産企業 大英産業株式会社が、2021年6月にアルムナイネットワークを立ち上げました。「元気な街、心豊かな暮らし」という理念の実現にも通じるという、大英産業のアルムナイネットワーク。発足背景や今後の展開について、同社の専務取締役・宮地弘行...

【6/15(火)13時】ミドル社員が会社を離れて「個人事業主」に。電通・新制度の挑戦から考える、日本企業の組織と個人の未来

「人生100年時代をいきいきと生きるための新しい価値発揮のあり方のチャレンジ」として、株式会社電通が新たに『ライフシフト・プラットフォーム』に着手しました。さまざまな経験を積んだミドル社員が会社を離れて「個人事業主」となり、電通が出資する新会社ニューホライ...

円満退職のヒント

「どうせ辞めるから」で妥協しない。上司と10時間対話を重ねて得たもの【私の退職体験記.10】

連載「私の退職体験記」10回目に登場するのは、大手人材系企業で営業の仕事をしていた松島和さん(仮名)。松島さんは上司から退職を反対され、認めてもらうまでに4〜5回面談を重ね、全部で10時間近く話し合ったといいます。「どうせ辞めるのに」と考えず、とことん対話を重...

転職しても“出戻り”が歓迎されつつある? 「辞めた会社」と良好関係を築く2つのメリット

副業・兼業に関心を抱く人も増えてきた今、転職は「当たり前」の選択肢になりつつあります。しかし私たちは誰からも「転職のやり方」を教わっておらず、キャリアが異なる人の経験も参考にしにくいため、いざ転職を検討するときに不安を感じる方もいるかもしれません。よい転...

【6/2(水)】元リクルート&元アクセンチュアが語る「退職者」が誇りに思う会社の条件

本ウェビナーでは、リクルートとアクセンチュアに注目します。退職者が「元リク」として有名なリクルートと、アルムナイネットワークをはじめとした退職者向けの取り組みを行う先進企業アクセンチュア。なぜ退職者の存在が企業にとってポジティブに作用しているのか。リクル...