「アルムナイ(Alumni)」が人事・HR領域で注目される背景とは

イメージ画像

卒業生・OB/OG・退職者を意味する「アルムナイ(Alumni)」。人事・HR領域では「企業の退職者、卒業生、OB/OG」を表す用語としても使われています。

ここでは、その言葉そのものについて、語源から解説。また、なぜ人事・HR領域でアルムナイが注目されているのか、その背景をご紹介します。

>>「アルムナイ」のメリット・デメリットについてはこちら

アルムナイ(Alumni)の語源と使い方

英辞書では、「Alumni」とは以下のように説明されます。

“alumni 【名】alumnusの複数形。(男子)卒業生、 同窓生、 校友”(Weblioより)

Alumniはラテン語から来る単語で、語形変化のルールに従って「数」と「性別」により単語が変化し、「Alumnus、Alumni、Alumna、Alumnae」の4つがあります。

そうなると、英語を使う方からすると、たとえば、「”I am an alumni”って使い方は正しいの?」という疑問が出てくるかと思います。正しい文法的には「Alumnus、Alumni、Alumna、Alumnae」はそれぞれ以下のような意味を持ちます。

  • Alumnus:学校の男性卒業生(単数形)
  • Alumni:学校の男性卒業生(複数形)※男性のみもしくは男性+女性グループを意味し、女性のみのグループには使わない
  • Alumna:学校の女性卒業生(単数形)
  • Alumnae:学校の女性卒業生(複数形)※女性のみもしくは女性+男性グループを意味し、男性のみのグループには使わない

そのため正確には以下のような使い方が正しい使い方です。

「I am an Alumnus(女性の場合はAlumnae) of  Company A」:私はA会社の卒業生です。
「I am a member of the Alumni Association of Company A」:私はA会社同窓会のメンバーです。

ただし、実は英語圏でもこの違いは認識が弱く、Alumniという単語が単数形でも女性のみのグループでも広く使われています。

また、日本人にとっては語形変化は馴染みが薄いこともあり、アルムナビでは記事などで性別や数に関係なくサイト上での表現を「アルムナイ(Alumni)」という言葉に統一しています。

皆さんも会話の中で是非「私は●●●のアルムナイだよ」と使ってみてください!

アルムナイ(Alumni)が人事・HR領域で注目される背景

終身雇用を前提とした従来の雇用形態が変化し、雇用の流動性が高まっています。転職者数は年々増加し、「一生に複数社に勤める」ことは当たり前に。さらには副業解禁に踏み出す企業が増える中で「同一時期に複数企業と仕事をする」ことも珍しくなくなりつつあります。

さらに少子高齢化により、労働人口が減少するのは明確です。売り手市場が続くと予測される中、優秀な人材を採用するのも難しくなります。

つまり優秀な社員を自社だけで囲い続けるのも、新規で採用をするのも、どちらも難易度は上がっていくということ。

そこで注目されているのが、「アルムナイ」です。

企業とアルムナイが良好な関係を築くことにより、再雇用や副業などの協業、ビジネス連携、オープンイノベーションなどの可能性が生じます。人手不足に悩む企業にとって、さまざまなメリットがあるというわけです。

>>「アルムナイ」のメリット・デメリットについてはこちら