辞め方改革

終身雇用から終身信頼へ、企業と個人の関係性が変わりつつある今の時代の「会社の辞め方/従業員の送り出し方」とは? 退職で終わらない企業と個人の新しい関係をつくるために「退職」への考え方を改革し、アップデートしていきましょう!

コロナ禍の早期退職に応じた2人の体験談「感情論は不要」「退職者フォローは真摯に」

コロナ禍で景気が悪化する中、早期退職を募る企業が出てきています。どうしてもネガティブなイメージが強い早期退職ですが、実際の経験者は何を思うのでしょうか。2020年、自ら応募して会社を辞めた大手製薬会社のMR(35歳)と太陽光発電の営業(39歳)の2名にお話を伺いま...

会社が不祥事を隠蔽。「裏切られたけど、仲間と離れたくない」ジレンマへの葛藤【私の退職体験記.3】

連載「私の退職体験記」の3回目に登場するのは、新卒で入った大手メーカーで約8年働いたのち、同業他社に転職した中水耕二さん(仮名)。転職のきっかけは、会社が起こした不祥事。退職するまでに「2〜3キロ痩せた」という、中水さんの体験談を伺いました。

「売上を達成させる=良い上司」じゃない。過保護が招いてしまった部下の退職【上司の反省. 3】

連載「部下の退職、上司の反省」では、「部下の退職」にまつわる上司の失敗談にフォーカス。第3回目に登場するのは、現在大手人材会社で事業責任者を務める矢田 吉彦さん(仮名)。1社目の会社で矢田さんが転職して間もなく、当時の部下がうつ病で退職。「その原因は自分に...

元上司と商談で再会!円満退職した人が振り返る、より良い辞め方をする改善ポイント【私の退職体験記.2】

連載「私の退職体験記」2回目に登場するのは、新卒で入った大手ECサイト運営企業で人事として働いたのち、理系学生に特化した新卒採用サービスを運営するベンチャーに転職した山永さん。転職後は前職の元上司へ営業をしたり、人事の元同僚と仕事の情報交換をしたりと、公私...

「会社が好きなのに辞める人」の退職理由、把握できてる?人事データ活用のプロに聞く「退職データ」の必要性

11月24日、オンラインセミナー『【プロが教える人事データ入門編】「若手社員の離職」を防ぐデータ活用事例とは』が開催されました。登壇者は、BtoAの中村亮一さん。人事データ活用のプロが教える、退職にまつわるデータの必要性とは? セミナーの一部をご紹介します。

働き方の今後を考える上で「複業とアルムナイは骨太なトレンド」【ユニリーバ島田由香×ハッカズーク鈴木仁志×HARES西村創一朗】

ウェブセミナー『「複業採用✕アルムナイ・ネットワーク」から読み解くNEXT HR最前線』で、複業やアルムナイに関する現状とこれからについてディスカッションを実施。ユニリーバ・ジャパン島田由香さん、ハッカズークCEO・鈴木仁志、モデレーターのHARES代表・複業研究家の西...

「あの人にしか依頼できない」オンリーワン人材になる「退職デザイン」とは/最高の会社の辞め方 Vol.2

個人が会社を辞めた後も古巣企業とつながりを持ち続けるためには、どんな辞め方をしたらいいのでしょうか。そのヒントを連載「最高の会社の辞め方」で、最高の会社の辞め方プロジェクトの皆さんと考えてみましょう!第2回目のテーマは、「最高の会社の辞め方をするための3ス...

退職者との協業や再雇用、成功の可否は辞め方次第? 社員の退職体験を左右する5つの要因

あなたの会社の退職者は、自社に対してポジティブな気持ちを抱いてくれていますか? それとも口コミサイトでネガティブな発信をするなど、関係断絶状態になっているでしょうか?退職者との関係性を考える際、重要な切り口の一つが「社員の退職体験」です。この退職体験は何...

退職は「仕事・生活・遊び」を諦めない働き方をつくる絶好のチャンス/最高の会社の辞め方 Vol.1

個人が会社を辞めた後も古巣企業とつながりを持ち続けるためには、どんな辞め方をしたらいいのでしょうか。そのヒントを連載「最高の会社の辞め方」で、最高の会社の辞め方プロジェクトの皆さんと考えてみましょう!第1回目のテーマは、「なぜいま『最高の会社の辞め方』が...