「キャリアの土台を築いてくれた」アルムナイが語るAKKODiSコンサルティングで得た学び

コミュニティに登録しているAKKODiSコンサルティングアルムナイに卒業後のキャリアについてインタビューしました。今回お話をうかがうのは、AKKODiSコンサルティング(旧Modis、旧VSN)時代に培ったスキルとマインドを活かし、独立の道を進む岡田昇悟さんです。

※こちらは過去にAKKODiSコンサルティング(旧Modis、旧VSN)に在籍していた方専用のネットワークです

ーこんにちは。まず最初に現在のお仕事について教えてください。

岡田:株式会社メタキャリアの代表取締役を務めている岡田昇悟です。
2022年9月にAKKODiSコンサルティング株式会社を退職し、メタキャリアを起業しました。メタキャリアでは2つの事業領域でサービスを展開しています。1つ目は企業向けサービスとして採用コンサルやRPO(採用代行)。2つ目は学校向けサービスとしてキャリア教育、就活のトレーニングです。

ーVSN時代にはどのような業務をしていたのですか?

岡田:2016年1月にVSN(現AKKODiSコンサルティング)に中途入社し、新卒リクルーティングセンターで新卒採用のリクルーターとして従事しました。合同説明会や面接の担当に始まり、最も力を注いだのは内定後に入社意欲を高めるためのサポートです。グループリーダーとしてマネジメントも経験させていただきました。VSNに入社するまでは営業でしたので、初めて人事畑に飛び込んだのがVSNでした。

ー異職種から人事畑に入られたのですね。VSNに入社を決めたのはなぜですか?

建物の前に立っている女性

中程度の精度で自動的に生成された説明

岡田:VSNに入社する前は、大手の住宅メーカーに在籍し、本社ビルの管理会社で施設営業をしていました。貸し会議室などの法人営業をしていて、クライアントは企業の人事の方が多かったんです。会場の立場から人事の仕事に携わるようになって、次第に業務にも興味を持つようになりました。「学生にプレゼンするの楽しそうだな〜」と思いながら見ていましたね。(笑)


とはいえ転職活動の時点では人事畑に絞りきれていなかったのですが、担当してくれていたエージェントさんがVSNの新卒採用を持ってきてくださったんです。「待ちの採用ではなく攻めの採用をしているから面白いと思う」と勧められました。私もその雰囲気を感じたことが、入社の決め手です。

ーその後独立の道を選ばれました。どのような想いだったのか教えてください。

岡田:7年弱の在籍期間を経て、元々あった独立願望をいよいよ形にしよう、と決心したタイミングで独立しました。20代の頃からぼんやりと独立してみたいとは思っていましたが、食べていくだけのスキルや事業への確信がなかなか持てませんでした。新卒や中途のエンジニア採用業務を経て、「この仕事ならやっていけそうだ」という自信をやっと持つことができましたね。
市場的にエンジニアの採用スキルは求められていますので、このスキルで採用コンサルやRPOでやっていけそうだと思い、独立に踏み切りました。

ー現在はAKKODiSコンサルティングとお仕事関係を築いているそうですね。

岡田:メタキャリアとして受注している業務の多くはAKKODiSコンサルティングからいただいており、新卒面接や中途面接も任せていただいています。また学校向けキャリア教育も、AKKODiSコンサルティング時代からやっていたことで、引き続き受注をもらっています。非常にありがたい関係性です。
これまでAKKODiSコンサルティングで培ったスキルをそのまま活かしているので、相互にミスマッチがなく、メリットが大きいと感じています。

ー独立された今、AKKODiSコンサルティング時代をどう振り返っていらっしゃいますか?

岡田:素晴らしい環境だったなと退職してあらためて感じています。2点挙げると、1点目は組織体制がしっかりしていること。言葉選びや資料作り、トレーニング体制、コンプライアンス意識など、どこをとってもベンチャーではかないません。2点目は候補者へのリスペクトがあることです。採用活動の細部にまでリスペクトの気持ちが浸透していると感じます。

人生後半戦のキャリアの土台をしっかり築かせてくれたAKKODiSコンサルティングには、本当に感謝しています。仕事をもらっているから言うのではなく(笑)、本心でそう思っています。

ーAKKODiSコンサルティングへの想いが伝わります。AKKODiSコンサルティングで培ったスキルやマインドは活かされているのですか?

岡田:スキル面では、数値管理の意識や手法に大きく活かしています。AKKODiSコンサルティングで「採用を科学する」と言っていたように、採用活動を感覚ではなく数字で捉えることで、改善につなげることができていますね。例えば、内定承諾後の入社率が高い面接官が分かれば、その方のノウハウを全体共有して他の面接官のスキルアップをします。
マインド面では、先ほどの繰り返しになりますが候補者へのリスペクトを持つマインドが活きていると思います。面接の姿勢や言葉選びにもそのマインドが現れますから、とても大切なことです。

ー最後に、アルムナイコミュニティの皆さんにメッセージをお願いします。

屋外, 人, 男, 歩道 が含まれている画像

自動的に生成された説明

岡田:現在の私のように、AKKODiSコンサルティングから仕事を受注できるケースがアルムナイに広まったり、アルムナイ同士のビジネス連携が生まれるのも面白そうですね。元々同じ会社で働いていた同窓生という共通点を活かして、小規模でもいいので仕事で繋がれる関係になれたら嬉しいです。

また、色々なバックグラウンドを持つ方がいらっしゃると思うので、ざっくばらんに話してみたいですね。刺激しあって、お互いのキャリアを考えるきっかけになるといいなと思います。

※こちらは過去にAKKODiSコンサルティング(旧Modis、旧VSN)に在籍していた方専用のネットワークです